PCゲーマーのWebデザイン備忘録

PCゲーマーのWebデザイン備忘録。東京都内でWEBデザイナーとして働いています。Webデザインやゲームに関することをブログに書いていきます

データベース

今年は初めはデータベースからやっていきます。

ローカルサーバーを作るために必須ツールの「xampp」ってどういう意味か

xamppは

X(Cross Platform) Apache MySQL PHP Perl(もしくは Python)の頭文字を取ったものです。


これはもともと LAMP というものでした。Webアプリケーションを開発する上で好まれる環境です。

LAMPLinux Apache MySQL PHP Perl Python の頭文字を取ったものです。すべて無料で使うことが出来るのですが、Linux は学習用には適していません。そこで xampp や mampp といったクロスプラットフォームでも使うことが出来るように開発されました。

データベースとは?

データベースは簡単に言うと、データの入れ物です。データを入れたり出したりするものです。

データベースの中をのぞいてみる。

  1. xampp を起動する。
  2. ApacheMySQLを起動させ、MySQL の Admin ボタンを押す。
  3. ID と パスワードを入れる。
  4. 出てきた画面の左側にあるツリーが、xampp の中にあるデータベースの一覧です。Wordpress をインストールしていたりしたら、Wordpress用のデータベースの中に、記事の内容が含まれているはずです。(例:左側の wordpress をクリック → wp_posts)