PCゲーマーのWebデザイン備忘録

PCゲーマーのWebデザイン備忘録。東京都内でWEBデザイナーとして働いています。Webデザインやゲームに関することをブログに書いていきます

【PHP】 記述と条件

PHPでの記述と条件文は、ほぼJavaScriptを応用すれば書くことができます。

平成何年かを答える

JavaScript:

var year = 2014;
var result = year - 1988;
var msg = '西暦' + year + '年は、平成' + result + '年です。';
document.write(msg);

PHP:

<?php
$year = 2014;
$result = $year - 1988;
$msg = '西暦'. $year. '年は、平成'.$result. '年です。';
print $msg;

結果:
f:id:game-web-design:20141026224351p:plain

上記の二つのスクリプトの出力結果はほぼ同じで、PHPはHTMLとして書き出されているだけです。

同じように条件文を書いていきます。

昇順

<?php
$a = 5;
if($a < 10){
  $result = '1桁';
} else if ($a < 100){
  $result ='2桁';
} else {
  $result = '3桁以上';
}

print $a. 'は、'. $result. 'です。';

降順

<?php
$a = 5;
if($a >= 100){
  $result = '3桁以上';
} else if ($a >= 10){
  $result ='2桁';
} else {
  $result = '1桁';
}

print $a . 'は、' . $result .'です。';

結果:
f:id:game-web-design:20141027112548p:plain

if文

<?php
$a = 6;
if($a%2 === 0){
  $result = '偶数';
} else{
  $result = '奇数';
}

print $a . 'は、' . $result .'です。';

結果:
f:id:game-web-design:20141027112608p:plain

三項条件文

三項条件文は「条件式 ? 式1 : 式2」のように条件文を書きます。
例1:

<?php
$lang = 'En';

$msg = $lang == 'Jp' ? 'こんにちわ':'Hello';
print $msg.'<br>';

$lang = 'Jp';
$msg = $lang == 'Jp' ? 'こんにちわ':'Hello';
print $msg;

結果:
f:id:game-web-design:20141027113559p:plain

例2:

<?php
$a = 8;

$result =
($a % 2 == 0)? '偶数':'奇数';

print $a .'は、'. $result. 'です。';

結果:
f:id:game-web-design:20141027113613p:plain

if文の応用

if文を使って、偶数・奇数・それ以外で出力結果を変える構文を書きます。

変数の整数か判別するために「is_int()」を使います。

<?php
//三項条件文
$a = 10;
if (is_int($a) && $a != 0){
  $result = ($a %2 ===0) ? '偶数です。' : '奇数です。';
  print $a.''.$result;
} else {
  print '対象外です。';
}

print '<br>';

//if文
$b = 11.1;
if (is_int($b) && $a != 0){
  if( $b %2 ===0){
  print $b.'は偶数です。';
} else{
  print $b.'は奇数です。';
}
  } else {
  print '対象外です。';
}

結果:
f:id:game-web-design:20141027115136p:plain

変数の判別式解説:
「if (is_int($a) && $a != 0)」
「&&」は両方が真である時を条件とします。
上記のif文の意味は「$aが整数であり、かつ0ではない」時が条件になり、もし$aが0やそれ以外の文字列であるなら、「対象外です」と出力されます。

広告を非表示にする